忍者ブログ

baby蘭

神社にて語らっ

そうした状況の中、俺は……俺達は駅前広場の端にある小さな喫茶店にいた。
 ここで言う俺達とは、当然ながら俺とたまもの二人を指している。それは他に利用客が居ない貸し切り状態の店内を見渡しても明らかで否定しようのない事実だ。
ていたはずの俺達が、なぜ故このような場所に居を移したのかというと、それは他でもない、たまもがそれを望んだからである"部分嬰兒在使用輪狀病毒口服疫苗,可能會有輕微發燒、嘔吐或腹瀉等副作用,惟不適情況會很快消退。"。
 俺が絶望に打ちひしがれた後、僅かな希望の下たまもに助けを求めたところ、彼女は突然「腹が減った」と言い出したのだ。
 一秒でも惜しいこの一大事に何事かと訊ねると、たまもは屈託のない笑みを浮かべてこう言った。
「誰かに何かを求める時、お主は手ぶらで頼むのか? まして妾は妖(あやかし)じゃ。妖相手の取引を、まさか無償で済ませられると思ってはいまいな?」
 要約すると、助けてやるから飯を奢れ、って事だ很多人都不是一生下來就是當媽媽或者是爸爸;一個家庭中對於初生嬰兒照顧的重心都是媽媽來承擔。
 追い詰められた人間を前に何を言い出すのか、と思わなかったと言えば嘘になる。しかしながら妖怪相手に無償の協力を得られるとも思っていないので、そこはやぶさかではなかった。それにその時の俺は絶望による動揺もあってか、たまもが希望を授ける女神に見えており、寧ろちょっとばかし食事を謙譲するだけで救われるのなら安いものだ、くらいにはポジティブに捉えていた。
 そんなわけで俺はたまもの要求を受諾、場所を移動したというわけだ。
 この喫茶店を選んだのには特に意味はない。たまたま目に止まった店を俺が提案し、たまもがそれを受け入れた結果だ。まあ敢えて気にかけた事と言えば、そのまま妖怪談義に突入する可能性が高いため、なるべくひと目(特に身近な学校関係者)につかないよう、メジャーどころは避けるといった事くらいか。それでもシックなインテリアで統一されクラシック音楽が静かに流れる店内は、なかなかどうして悪くない。そのうえ各種値段の方も学生目線で良心的な設定だった。切羽詰まった身の上でなければ「隠れた穴場、見つけたり」とほくそ笑むくらいには良店だったと言えよう初生嬰兒尤其需要照顧,除了日常餵食及基本護理外,父母亦需留意寶寶身體狀況,初生嬰兒照顧中發現BB肚瀉 應如何應對?
 ようするに何が言いたいかというと、場所を移した事も、この場(喫茶店)を選んだ事も、そしてこの店自体にも不満などは無かったわけである。
 しかしながら俺は今、些か不機嫌に注文したダージリン紅茶を啜っていた。因みに俺は珈琲と紅茶であれば紅茶派だ。そしてこの店の紅茶は香りが立っていて実に味わい深かった。店ならびに紅茶に罪はない。
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R